広島市で「Pairs」米倉涼子似のスレンダー看護師A美さんとメッセのやりとり!

 

こんばんは。

 

広島市の某所に住んでる出会いを求める、中田英寿似の男

 

ナカタです。

 

このブログではマッチングアプリで有名な「Pairs」を使って、

 

実際出会ってみたらどんな感じなのか…?!

 

 

 

出会った女性たちの感想書いていきます!

 

 

「Pairs」って?人は、下のリンクから飛べるので確認してみてください。

⇒「Pairs」

 

 

 

意外と普通に出会いが「Pairs」を地元広島で試してみる

 

彼女と別れて3年が経過。

 

 

風俗遊びにも飽きが来ていた頃、りたいな…より、人肌が恋しくなって、

 

 

CMとかで紹介されていた「Pairs」の存在を知りました。

 

マッチングサイトの多くはアダルトな出会いを期待して、援助交際目的で利用するものだと思っていたので、

 

暇な時間に登録してみると意外なことが判明。

 

アダルト要素はなく、”恋人探し”が主なサイトだったのです、

 

まずはプロフィールをしっかり記入して、32歳の中田英寿を真面目にした感じ(笑)と記入すると、

 

女性からの「いいね!」が届き始めます。

 

返信してみたら、怪しい業者からの誘いが…。

 

 

そのいいね!は、全部スルーしてプロフィール検索から

 

 

恋人探し中の女性だけを探すことにしました。

 

年齢は20歳〜25歳に絞り込み、体型が普通以下とすることで

 

恋人探しをしている女性のみをターゲットにします。

 

 

 

「Pairs」で、条件に合った女性へアプローチをしてみる。

 

いいね!を貰った女性へテンプレートメールを送り続けると、ようやく3通返信がありました。

 

 

その中で唯一文面が少し迷惑そうだったのが、同じ広島市に住んでる24歳、看護師のA美さんでした。

 

 

どうやら私が送ったテンプレートメールが、彼女のプロフィールに記載されていた内容とちぐはぐなために、

 

迷惑だから止めてというお怒りメールだったようです。

 

 

ひたすら平謝りのメッセージを送信してから、

 

正直に登録初日でテンプレートメール送ってしまったことを告白すると、メッセージのコツを教えてくれました。

 

 

何度かやり取りするうちに、自然と仲良くなりメル友状態になったので、

 

ラインでやり取りするようになりました。

 

 

 

A美「広島市○○って意外と近くに住んでいるのね。今度飲みに連れて行って下さいよ。」

 

私「お酒弱いのでほとんど飲みませんから、A美さんは好きなだけ飲んで良いですから。」

 

A美「私を酔わせてどうするの?送り狼にならないでね。」

 

私「一応男性ですからね〜保証は出来ませんが、シラフに近いのでA美さんから誘われない限り大丈夫だと思います。」

 

 

そんなやり取りを繰り返した後に、実際に広島駅で待ち合わせることに!

 

 

▼使ったマッチングアプリはコチラ▼

⇒「Pairs」

※18歳未満は出会い系サイトを利用できません。

 

※画像は家庭用ビデオで独自に撮影した動画のキャプチャになります。
無断転載は固く禁止します。また、録画の販売は行っておりません。